PR
スポンサーリンク


\ ✨こまめにチェックして✨/
お🉐にお買い物しよう!

新築・リフォーム【洗濯機の排水口位置】のおすすめは前方!キレイを保ちたいなら隠さないで!リクシルのかさ上げタイプなら洗濯機下も排水口も簡単に掃除できる!!

・脱衣室

当サイトはアフィリエイト広告を掲載しています

たら
たら

こんにちは!たらです。

今回は洗濯機下の掃除が嘘みたいに楽になる洗濯パンを紹介するよ!

そして、新築・リフォーム時に指定を忘れがち洗濯機の排水口位置についてもお話します。

私ほどのズボラでなくとも、【洗濯パン】のお掃除は家事のお悩み上位に入るのではないでしょうか?


洗濯パンは掃除してもすぐに汚れる!そして、面倒になり見て見ぬふりして掃除しなくなる・・・・

そしていつしか取り返しのつかない状況に・・・・

そもそも排水口なんて掃除した記憶がない・・・

なーんて方に強く強くお勧めしたい【かさ上げ洗濯パン】をご紹介します!!

それがこちらです♪我が家は『 LIXIL(リクシル)のかさ上げ洗濯機パン』 を採用しました。

この記事はこんな方にオススメ

  • 洗濯機の設置方法にお悩みの方
  • キャスター付き洗濯機置台の購入を悩んでいる方
  • キャスター付き洗濯機置台をおすすめしない理由を知りたい方
  • おすすめの洗濯機設置方法を知りたい方
  • 洗濯機の排水口のおすすめの位置を知りたい方

【洗濯パン】の必要性

ところで、そもそも洗濯パンは必要なのでしょうか?

洗濯パンがなくても洗濯機は稼働します。
洗濯機を稼働させる為に洗濯機パンが必要ということではありません。

では、なぜ洗濯パンを設置するかと言うと

万が一の水漏れや結露による床の腐食から守る為や、稼働時の振動の防止のために設置されます。

アパート・マンションの場合、下階への浸水被害を抑えるためにも洗濯パンの設置は必須となっています。

しかし昨今、戸建て住宅では見た目や洗濯機下の掃除の煩わしさから洗濯パンを設置しない家庭も増えています。

が、やはり万が一に備え洗濯パンはあったほうがいいとされています。

洗濯パンを当初は設置しなかったお宅も、後々その万が一●●●が起こってしまい

リフォームで結局設置したという事例も少なくないようです。





【洗濯パン】に変わる人気商品【キャスター付き洗濯機置台】ってどうなの?

洗濯パンを設置したくない理由の1つに洗濯機の下の部分にたまるホコリや糸くずなどの掃除のしにくさがあります。

洗濯機と洗濯パンとの隙間は狭く湿気が溜まりやすい環境となってしまいます。

洗濯機下の掃除方法はいろいろと紹介はされていますが、ホコリが湿気を吸ってしまうと落ちにくくなり綺麗を保つのが困難になっていきます。

そこで人気になったのが洗濯機を移動可能にした【キャスター付き洗濯機置台】です。

洗濯機が移動できて洗濯機下の掃除ができる画期的なアイテムだとは思うのですが、ただ、やはり万が一の水漏れや結露から床の腐食を守りたい事を一番にを考える

【キャスター付き洗濯機置台】よりも【洗濯パン】設置が一番の安全策だと考えます。

たら
たら

そもそも洗濯機下の掃除はしやすくなっても凹凸部分の多い【キャスター付き洗濯機置台】自体に溜まってしまうホコリなどの掃除も大変なのでは?と思うのはズボラな私だけでしょうか???


キャスター付き洗濯機置台をおすすめしない詳しい理由はコチラご覧ください。


【洗濯パン】・【キャスター付き洗濯機置台】の メリット・デメリット まとめ

たら
たら

洗濯機使用で一番心配となる水漏れ対策にはやはり【洗濯パン】の設置が安心という事は分かるのですが、【洗濯パン】の掃除のしにくさというデメリットにも簡単には目はつぶれずのズボラな私。

【キャスター付き洗濯機置台】は水漏れなどが心配

でも

【洗濯パン】設置は洗濯機下の掃除が大変

では一体どうすればいいのー??!

考えを整理する為に両者のメリット・デメリットをまとめてみました。

メリットデメリット
洗濯パン
・万が一の水漏れなどから床を守ってくれる
・洗濯機下の掃除が大変

・見た目が野暮ったい
キャスター付き洗濯機置台・移動が出来るので洗濯下を綺麗に掃除できる・万が一水漏れが起こった場合床にダイレクトにダメージを与える

・床を凹ましたり傷つける可能性がある

・稼働時の振動や地震で移動してしまう恐れがある

【洗濯パン】・【キャスター付き洗濯機置台】それぞれの メリット・デメリット まとめる事で私の頭の中も整理され希望が明確になりました。

【かさ上げ洗濯パン】+ 【排水口の位置指定】で安心とキレイを手に入れる

【洗濯パン】・【キャスター付き洗濯機置台】それぞれの メリット・デメリット まとめる事で明確になった私の希望は

私は万が一の水漏れにも安心していたいし、ズボラ者としては掃除も楽にしたい!!のです。

そんな素敵なアイテムがあるはずがな・・・・、

いや、

あったぁーーーー!!!!

【洗濯パン】と【キャスター付き洗濯機置台】の良いとこ取り、どちらのメリット部分も持ち合わせる最強アイテムがあったのです。

それがコチラの【かさ上げ洗濯機パン】でした。

おすすめのかさ上げタイプの洗濯パン

従来の【洗濯パン】は四方が高くなっている四角い受け皿のものでした。

従来の洗濯パン

従来の形だと洗濯機を配置すると

洗濯機下のスペースがなく掃除がしにくい

洗濯機下の【洗濯パン】部分は見えづらくなり、埃や湿気がたまりやすい状況にも関わらず掃除しにくいというデメリットを抱えていました。

ですが、このLIXILの【かさ上げ洗濯パン】は四隅のみがかさ上げになているので洗濯機の下に隙間がしっかりとあるので風通しもよく湿気も溜ません。

\ いいとこどりの洗濯機パン
かさ上げタイプ

出典:楽天

なんと言っても洗濯機の下もクイックルハンディで簡単にお掃除完了できちゃいます!

伸び縮みタイプがおすすめ!

そして忘れてはならない排水口の位置指定!!!

これをないがしろにしてしまうとせっかくのかさ上げパン設置もおススメ度が一気に下がってしまうかも。。。

ついつい排水口を見えない奥にしがちですが、断然見える位置がおすすめです!!

洗濯機の排水口もキッチンやお風呂場と同じく定期的な掃除が必要です。

排水口を見える位置(※我が家の洗濯機配置の場合は左か前かで悩みましたが、床の梁の関係で前になりました。後ろ側は論外です!!)にすることで排水口のお掃除も楽になりキレイを保てます!

新築時・リフォーム時には排水口の位置の指定もお忘れなく☆

見て下さい!! 一年以上経ってもこの綺麗さ✨

ズボラな私でも気が向いた時のクイックルハンディだけでキレイを保ててます!!

\ 一家に一本!! /
あっちも こっちも スイスイお掃除✨

たら
たら

更に気が付かれました??

そうです!!!☝

洗濯機の排水ホースにはサランラップ巻いてます♪

これで、複雑な形状のホースにも埃が溜まりませんよ。

おすすめです(*^^)b

我が家が採用したのはコチラ

クローバー資材館
¥7,567 (2023/05/14 18:50時点 | 楽天市場調べ)

ドラム式洗濯機で【かさ上げ洗濯パン】使用すると洗濯物の出し入れも楽になる

かさ上げ洗濯パンに決めた理由は掃除のしやすさだけではないんです。

ドラム式洗濯機への洗濯物の投入や取り出しは縦型洗濯機とくらべて腰へ負担がかかる中腰状態になります。

かさ上げ洗濯パンを使用することで約10センチほど洗濯機ドア位置が上がるので腰への負担が軽減されるのでドラム式洗濯機を使用される場合は掃除のしやすさに合わせてお薦めとなるポイントです☆

家づくりの知りたい疑問をまるっと👐解決!

・ハウスメーカー・工務店のことをとにかく知りたい!
・予算の出し方を知りたい!
・家づくりの進め方や注意点を知りたい!
・ハウスメーカー・工務店ではなく中立な立場の意見を聞いてみたい!

そんな家づくりの悩みを1つづつ解決していきましょー



\ 家づくりの最初一歩は、まずは気軽に相談から /
>>『住まいの窓口』

スポンサーリンク
スポンサーリンク
・脱衣室*小さくても心地よい家

コメント

広告