PR
スポンサーリンク


\ ✨こまめにチェックして✨/
お🉐にお買い物しよう!

お風呂設備「鏡なし」にして後悔なし!風水的にもいらない!鏡ありのデメリットから鏡はマグネット式にすることで安くもなった!!Panasonic オフローラ

・浴室

当サイトはアフィリエイト広告を掲載しています

たら
たら

こんにちは! たらです。

浴室に鏡を設備として『付ける』か『付けない』かでお悩みですか?

後悔しない為に鏡をつけるメリットとデメリットを確認してからの選択をお勧めします!!

ちなみに、わが家は設備としては鏡なしを選んで、後付けでマグネット式の鏡を取り付けいますよ!

それではお風呂場に鏡をつけるメリットとデメリットを確認していきましょー♪

我が家のお風呂はパナソニックのオフローラです。

お風呂場に鏡はいる?いらない?後悔しない為に鏡があるメリットとデメリットを考えながらお風呂場鏡の有無を検討していきます。
我が家の浴室

新築時、お風呂の『鏡』は標準仕様でしたが、我が家はあえて『鏡』を取り付けませんでした。
(鏡以外にもカウンターやタオルバー・棚なども取り付けませんでした)

賃貸マンション住まいの時は浴室に鏡はなかったので浴室に大きな鏡がある事への憧れもありましたが、

鏡は水垢がついて掃除が大変だという多数の口コミをネットで見かけていたのでどうしてもそれは避けたいと思ったからです。

風水的にも鏡が汚れていると悪い気を反射し、運気を下げるといわれていますしね!

浴室鏡ってこんな風になりがちです。

毎日のお風呂掃除を少しでも楽にしたい!!!と願う私は家族の了承を得て我が家のお風呂は『鏡なし』に決定する事になりました。

1年半暮らした今もお風呂設備の鏡をなしにして後悔は全くありません!

わが家の場合は浴室に大きな鏡がないと絶対に困るという事がなかったのと、掃除の楽さに重点を置いて決定しましたが、各家庭によって必要かそうでないかは賛否両論あると思います。

設置するかどうか迷っている方は、鏡を付ける【メリット・デメリット】を知ってからの判断をおすすめします。

この記事はこんな方にオススメ

  • お風呂場に鏡をつけるか悩んでいる方
  • お風呂場に鏡があるメリット・デメリットを知りたい方
  • 鏡を取り付けなかったその後の生活で後悔がないかを知りたい方
  • その他、取り付けない方がいいお風呂の設備を知りたい方

お風呂場に鏡があるメリットとデメリット

お風呂の標準設備として「」がついているのでこれまでは当たり前に浴室に鏡が設置されてきました。

ですが、最近の新築やリフォームではお風呂の標準仕様の中でも「鏡」や「カウンター」などを我が家のようにあえて●●●付けないという選択をするご家庭が増えてきました

先に私の結論を述べるとすると

「鏡は取り付けておいた方がいい?」と聞かれたら

私の回答は

NO!!鏡つけない方がいいよ!

です。

それでは ナゼつけない方がいいのか【お風呂に鏡を取り付けるメリットとデメリット】をまとめていきます!

【鏡があるメリット】

風呂の標準設備として用意されている鏡は縦型で大体90cmほどの長さがあります。
(※横型にすることもで来ますが、オプション代がかかる事が多い)

パナソニック オフローラ カタログより

裸の状態で鏡の前に立つ事はお風呂場以外ではあまりないので唯一全身のプロポーションを確認できる場所と言えます。

また、お風呂場で髭をそる場合やメイク落としをする場合に顔を確認をすることができます。

鏡があるメリット
  • プロポーションする見る事ができ、自分の体の状態を確認できる。
  • ひげをそったり、メイク落としの確認ができる。

【鏡があるデメリット】

我が家も含めて鏡を付けない選択したお宅はほぼこれが一番の理由と言えるのですが鏡を付けると掃除が大変であるという事です。

鏡は水垢が付きやすく、一度付いた水垢の掃除はとても大変だからです。

また、当然ですが鏡を取り付ける分費用がかかります。
(※鏡設置が標準仕様の場合、取付をやめれば鏡分は費用からマイナスしてもらえることが大半です)

鏡があるデメリット
  • 掃除が面倒
  • 費用が高くつく

>>Panasonic オフローラ カタログ P94.95 参照(2023.12.12現在)

お風呂鏡取付有無のまとめ

全身のプロポーションの確認は特にいいわーって思えても髭剃りやメイク落としの時にはやっぱり鏡付ければよかったと思わないのかな?

とも思いますよね。

たら
たら

それはご安心ください!後付けで付ければいいんです♪

我が家も小さな鏡は欲しいよねーってなったので後付けでマグネット仕様の鏡を取り付けましたよ。

これにしておけば掃除も大変じゃないし、もしも長年使って痛んできたとしても、簡単に取り外して新調することができます☝

我が家の浴室

お風呂設備の取り付け悩み3選

鏡以外にも取付を悩まれる浴室設備は他にもあります。

主なものに

  • カウンター
  • シャワーバー

があげられます。

我が家がどように悩み結論を出したのかをレポ―トしましたので是非参考にしてください!!

カウンター

我が家はカウンターも取付けませんでした。1年半過ごした今でもやはりカウンターはなくてよかった!と思っています。

『カウンター』の取り付けも悩まれている方は
>>コチラもご覧ください。

我が家は浴室の窓を付ける事にしましたが、窓に関しては好みだけではなく家の立地や浴室の設置階数など様々な要因も考慮しなくてはいけません。

『窓』の取り付けも悩まれている方は
>>コチラもご覧ください。

シャワーバー

シャワーバーって一瞬憧れもあって付けがち(もしくは標準仕様)ですが、私的にはシャワーバーの設置はおすすめしません!

『シャワーバー』の取り付けも悩まれている方は
>>コチラもご覧ください。

お風呂の厳選マグネットアイテム

我が家は浴室の設備をカウンターだけではなく、タオルバーや鏡、ラックなどすべて「なし」指定で必要最低限以外はすべて取り付けませんでした。

そして、必要に応じてマグネット式のアイテムを後付けで買い足す事で無駄もなく掃除もしやすい浴室づくりが出来ました。

実際使用している『おすすめお風呂マグネットアイテム厳選10選』はコチラ

スポンサーリンク
スポンサーリンク
・浴室*小さくても心地よい家

コメント

広告