PR
スポンサーリンク


\ ✨こまめにチェックして✨/
お🉐にお買い物しよう!

新築・リフォーム 浴室の窓なしは後悔する?!風水的にもよくない?【お風呂場の窓「いらない?」「必要?」をメリット・デメリットから検証】

・浴室

当サイトはアフィリエイト広告を掲載しています

たら
たら

こんにちは!たらです。

家を建てる時、お風呂場の窓の『ある・なし』に悩みました。

今お悩みの方が後悔されないように

今回は我が家がどのように浴室窓の「あり・なし」を決めたのかについてお話していきます!

我が家の検討内容を通じてあなたのお家にあった結論に至りますように☆

マンションの多くは浴室に窓がない事が多いです。
私の暮らしてきた賃貸マンションでも浴室に窓がなかったのでせっかく一軒家を建てるのなら窓がある浴室にしようと考えていました。

しかし、

いざ打合せに入ると、浴室に窓いるかな?いらないかな?と悩む事になりました

それは近年の新築一軒家ではお風呂場に窓があるのが当たり前ではなくなり、
窓を付けない選択をする方も増えている事実を知ったからです。

お風呂場には換気扇を付けるのが一般的になり、お風呂場の換気は窓より換気扇の方が効率が良い事も分かっています。

また24時間換気システムが義務化され、家自体が窓を開けずに換気できるようになっているのも浴室に窓を付けなくなった理由の1つにありそうです。

打ち合わせ前は戸建てのお風呂には窓があるのが当たり前だと思っていたので、付けなくてもいいとなると悩むことになりました。

それは浴室に窓がある事にもない事にも、それぞれメリットもあればデメリットもあるからです。

『浴室の窓のつける・つけない』を決定するためには
の有無によるメリット・デメリット」を比較検討する必要がありそうです!

この記事はこんな方にオススメ

  • お風呂場に窓をつけるかどうか悩んでいる方
  • お風呂場に窓があるメリット・デメリットを知りたい方
  • お風呂場に窓を付けた後、実際生活してみて後悔がないかを知りたい方

\お風呂が変われば毎日の暮らしが変わる!!/

お風呂場に窓があるメリット・デメリット

新築するなら浴室に窓つける!と、それが戸建ての当たり前だと信じて疑わなかった我が家。

工務店
工務店

最近は付けないお宅も多いですよ。

と、担当営業さんに言われて( ゚д゚)ハッ!と我に返る。

思い返してみると今まで賃貸マンションの浴室に窓がなくて困った事は実際特には思い当たらず。
ただただ、お日様の陽射しが入る浴室に憧れ、戸建てなら窓あり!と単純に思い込んでいました。

一旦、冷静になり本当に浴室に窓が必要なのかを検討し直すことにして
窓を付ける事で得られるメリット・デメリットをまとめてみることにしました。

浴室窓があるメリット

bathwindow

・明るい(採光)

窓があると自然光が入るので昼間に入浴する時はとても気持ちのいい浴室となります。

そんな時間にお風呂に入らないから意味ないと思われる方も多いかもしれませんが

浴室のドアは全面すりガラスとなっているものが多いので 浴室だけでなく洗濯機などを配置している脱衣所や家事室など隣接する部屋にも浴室からも光が入り気持ちのよい空間となります

・解放感がある

解放感といっても浴室用の窓ガラスは型ガラスといって表面に凸凹がついた視界をさえぎるものを使用することが主なので、外の景色が見れるといった解放感ではありませんが、

外が見えなくとも 浴室が全面壁である事と比べると奥行を感じられ解放感が得られます

光が射しているいる時間帯は特にたとえ小さな窓であっても解放感を感じることができます。

浴室窓があるメリットまとめ

浴室窓があるメリット

・自然光が入って日中は明るい浴室になる
・開放感がでる

たら
たら

では次に窓を付けることによるデメリットを考えます。

お風呂に窓があるデメリット

・掃除する場所が増える

窓があると取っ手部分やサッシなど思った以上に凸凹が多く、窓枠に埃がたまってしまった時などの窓掃除は非常に手間です。

窓がなければ壁をサーッと流すだけでいいので掃除のその分手間は省けます

・防犯上の不安がでてくる

窓を付けた場合は浴室の音漏れや、覗かれないかなども気にかかります。

かといって、できるだけ死角に窓を配置しても今度は空き巣に狙われないかと心配はつきません。

窓があると窓の閉め忘れや覗き、空き巣被害などの心配事が増えます。

・熱の流出入が増える

窓は閉めていても熱の流出入が一番多い場所となります。

最近の窓は断熱性能がよくはなっていますが、きちんと閉めていても窓がある事によってやはり窓部分は壁であることよりも熱の流出入は起こります。

熱は高い方から低い方へ流入するので浴室と外との気温差が高い場合は、夏は外から浴室へ熱が入ってきますし、冬は浴室から外へ熱が流れていきます

夏はさほど気にならないかもしれませんが、冬は窓のある・なしで顕著に体感温度が変わってきます

・建築コストが上がる

窓を付けると当然のことながら窓分の建築コストが上がってしまいます。

浴室窓があるデメリットまとめ

浴室窓があるデメリット
  • 窓・窓枠の掃除がめんどう
  • 防犯上不安
  • 熱の出入による冬場の浴室の冷え
  • 建築のコストが上がる

後悔しない為に優先順位を考えて我が家が出した結論

浴室窓があるメリット

・自然光が入って日中は明るい浴室になる
・開放感がでる

浴室窓があるデメリット
  • 窓・窓枠の掃除がめんどう
  • 防犯上不安
  • 熱の出入による冬場の浴室の冷え
  • 建築のコストが上がる

こうしてみると窓を付けるデメリットの方が多いように感じたので浴室に窓は付けない方がいいかな?と思いもしたのですが、我が家は窓を付けるデメリットを理解した上で窓を付ける事に決定しました。

たら
たら

本当に本当に悩みに悩みましたが我が家の場合は、日中に入浴することも多いので自然光が入るお風呂への強い思いを最優先しました。

それは我が家の場合はデメリット部分が許容範囲と結論づける事ができたからです。

デメリットとして挙げた4点に関して我が家が許容範囲とした理由はコチラです。

  • 掃除が面倒になる・・・これは私が掃除頑張りますw。
  • 防犯上心配である・・・我が家の場合は浴室が2階で窓側には今後も建物も建たないのでこれもクリア。
  • 熱の流出入がある・・・我が家の場合は浴室暖房が標準仕様だったのでこれもクリアとする。
  • コストが上がる・・・我が家の場合は浴室に窓を付けても付けなくても費用は同じだったのでクリア。
たら
たら

ただ、もしも我が家の浴室が1階であったり、浴室暖房が標準仕様でなかったり、窓を付けなかった場合建築コストを抑えられることになるのだったら また結果は違ったかもしれません。

みなさんも後悔のないようにご自身の浴室の階数や位置など、メリット・デメリットを把握した上で最終決定してくださいね。

2年暮らしてみた感想

実際2年暮らした今の感想は取り付けたのは小さな窓でしたが、昼間に浴室を使う時は明るくて気持ちがいい―!!と感じています。


ただ、冬の寒い日の入浴時は 窓がなかったらもう少し暖かいのかな?と、その程度は想像の域を脱しませんが、窓があってもなくても真冬は浴室暖房をつけて入る事になると思うのでそこまで寒さについて窓を付けた事を後悔した事はありません。

お掃除についても意外とシャワーでシャーと流しちゃってるので特段面倒に感じた事もないです。

我が家の場合●●●●●●● お風呂場の窓のありなしを今問われても
やはり日中明るくて 、解放感もあるので1年経っても窓は付けて良かったという結論が出ています。

ただ、付け加えるならば2年住んでみて窓を開けたのは3度ぐらいです(笑)

換気に関して言えば窓換気より換気扇換気の方が効率がいいので浴室に換気扇は必ず100%つけた方がいいとは言えます!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
・浴室*小さくても心地よい家

コメント

広告